CHECK

宝石を手放す前にぜひ知っておいて欲しい!買取に関する雑学を詳しく解説

宝石を売却する前に、同じ種類がどのくらいの価格で取引されているか調査することが重要です。市場価格を知ることで、公正な価格で取引ができます。買取業者の信頼性を確認することで、口コミやレビューを調べてみたり、信頼できる業者を選ぶことが大切です。また業者がどれだけの経験と専門知識を持っているかわかると、安心ができます。宝石はメンテナンスが必要で、手放す前にきちんとした手入れやクリーニングをしていると輝きや価値を保つことが可能です。

宝石の場合は同じものが存在しないため貴金属の買取より難しい

宝石の元になっている鉱石というのは、特定の元素で構成されているという背景がありますのでその状態をきちんと確認しなくてはいけません。当然、状態はそれぞれの状況によって全く違いますので同じものは存在せず、正しい査定を行うことが非常に重要になります。また、宝石によっては国際的な統一的な基準で評価することが一般的となっていますので、客観的な観点から買取が難しくなってしまうようなものもあります。こういった基準を理解している人材が査定を行わなくてはいけませんので、実は貴金属の買取よりも難しいという背景があります。実際に、ダイヤモンドなどに関しては国際的な基準がきちんと存在する宝石であるため、全くの素人が扱うことができないように考えられています。特に、大きさや品質に関しては丁寧に扱ってそれを維持できるようにしておかないと着々と価値が落ちてしまいます。ですから、こういった扱いが難しいものについては資格を持った鑑定士に相談しなくてはいけません。

宝石のみの買取が断られてしまうのは売り手が見つからない可能性があるから

研磨や加工がされて提供されている宝石のことを、ルースと呼びます。指輪などの貴金属に対して、留められていないものを指して呼ぶことが多いです。こういったものは、実は単体で買取の取引を行ったとしても拒否される可能性が存在します。これは、宝石そのものの価値があるものの再販売を行う時に売り手が見つからなくなってしまう可能性が存在するからです。そもそも、宝石を加工してジュエリーなどに仕立て直す業者というのは宝石そうのものを扱っている店舗や企業とは全く異なっています。別々の専門家が取り扱っていますので、ルースそのものを与えられてもそれを加工する技術がないと実は意味がありません。そのため、それ単体で買取を行っても店舗側が大きな損失を招く可能性がありますので拒否される可能性があります。反対に、きちんと加工がされていると多少価格が落ちてしまったとしてもそれを購入してくれる人は一定数で存在します。ですから、専門店にはこのような事情が存在するということを知っておくことです。

宝石の査定に出す前に掃除をすることで買取がしやすくなる可能性がある

宝石を買取に出す際には査定額を高くするために、事前にクリーニングをしておくことが大切です。なぜなら、査定士は宝石の状態を細かくチェックするからです。その際に、汚れがあるとマイナス評価になる可能性があります。汚れや傷がないことにより、宝石の価値が正しく評価されます。ダイヤモンドなどの価値は、その品質や希少性によって決まります。しかし、汚れや傷があると品質や希少性が正しく評価されにくくなります。そのため、査定士は汚れを取り除いた状態で査定してもらえば高く評価してもらえます。状態が悪いと再販に時間がかかり、業者の負担が増えるので、その分価格は下がります。お手入れで価格アップを目指しましょう。クリーニングは柔らかい布や綿棒で優しく拭くようにします。研磨剤や溶剤はダメージを与えやすく、品質が下がることもあるため、できれば使わない方がよいです。ダイヤモンドを買取に出す際には、査定額を高くするために、事前に掃除をしておきましょう。少しの手間で価格がアップする可能性があります。

宝石の査定の際に鑑定書や鑑別書があれば提出することで買取が有利に進む場合がある

もし宝石の買取査定の際、付属の鑑定書や鑑別書があるなら持参することをお勧めします。特に鑑定書はダイヤモンドにのみ発行されるもので、4Cという査定基準をどのくらい満たしているかが記載されている書類です。ダイヤモンドはこの内容と同じ品質であるかどうかが買取価格に影響を与えます。スムーズな取引を希望する場合、必須のアイテムと言えるでしょう。 鑑別書はダイヤモンド以外の宝石に付属する書類で、宝石が人工ではないということを証明するものです。ダイヤとは異なり、店舗によって内容が異なることがあります。世界的なジュエリーの鑑定協会が定めた内容ではない場合、価値を保証するものとは認められません。ダイヤ以外の宝石の価格は、その希少性や品質、市況の流行によって決められます。人工ジュエリーではない証明にはなりますが、値段はそれだけに左右されません。自分の持つジュエリーがどのくらい希少性が高いかは、インターネット等で調べることが出来ますが、正しい値段は専門店で調べてもらいましょう。

宝石でダイヤモンドの高額買取を希望するなら競合店の多い地域で取引先を探すほうがよい

宝石のダイヤモンドは世界で最も硬くて丈夫な素材であるのに加えて希少価値が高く永遠の輝きを持っていることから、鑑定書があり状態さえ良ければ大変のケースでは納得できる高額査定が期待できます。
一方、さらなる高額査定を求めるなら、競合店の多い地域で取引先を探すのがおすすめです。
いち早く高品質な在庫を確保したいことから競争原理が働き、他店よりも高額査定で買取をしようとする動きが加速します。
相見積もりもおすすめで、複数の店舗で査定を受けることで比較検討し、最もお得なお店に売却することも可能です。
宝石は価格の変動があり、市場価格にいち早く対応できるスピード感も重要で、情報網や流通ルート、取引している市場などの違いから、それぞれの店舗で対応の差異があります。
いずれのケースのおいても激しい切磋琢磨が行われている宝石の競合店がひしめき合う地域なら、お得にダイヤモンドを売却することが可能で、交通費を加味しても選択する価値がある場合もあります。

宝石の買取を依頼する場合鑑定士の資格がある専門家がいる店を探したほうが良い

宝石はその種類や品質によって価値が大きく異なり、買取価格に差がでることが多いです。
そのため、ダイヤモンドや色石に関する資格をもつプロの鑑定士が在籍する業者を利用するのがおすすめです。
ダイヤモンドであれば、4C(カラット、カット、カラー、クラリティ)と呼ばれる4つの基準によって評価されます。
しかし、これらの基準を正しく理解していなければ、適切な価格に結びつかない場合もあります。
資格の種類の中には、世界で権威のある米国宝石学会が認定した資格のGIA・G.G.というものがあります。
これは、高度な知識や鑑定技術の基準をクリアした人のみが得られる資格です。
宝石の価値を正しく評価し、適正な価格を提示できる専門家です。
このようなプロの専門家が在籍している業者であれば、ダイヤモンドやエメラルド、サファイアなどの宝石のしっかりと見極めてくれるやすいという特徴があります。
高額査定を引き出してもらいやすくなります。

宝石でダイヤモンドの場合小さすぎると鑑定も買取もしてもらえない

宝石の中でも、ダイヤモンドは0.15ct以上ないと買取をしてもらえない可能性が高いです。
そもそも、ダイヤモンドというのは特定の店舗が基準を設けて買取を行っているというわけではありません。
世界的に鑑定に関連する基準が存在していて、それを満たしておく必要があります。
実際に、大きさというのはその重要な要素の一つとして考えられていますので小さすぎると宝石として扱ってもらえない可能性が出てきてしまいます。
特に、ダイヤモンドの場合は品質が非常に重要視されますので、大きさが小さくて品質が伴っていないと価値がないと判断されることが非常に多いです。
もちろん、店舗ごとにこういった判断を正しくできるかどうかという基準が分かれています。
優秀な人材が在籍しているところでは、比較的小さいダイヤモンドであっても正確な査定をしてくれる可能性は存在します。
客観的な基準があるのは確かですが、それを元にして鑑定が鑑定をしていくというのも間違いないのでまずは相談することが大切です。

宝石でダイヤモンドの場合状態が良好であれば訳ありでも買取が可能になることもある

ダイヤモンドは、宝石の中でも最も価値のある石として有名です。
そのため、買取価格も高く、資産価値を保つために売却する人も少なくありません。
ダイヤモンドにも訳あり品というものがあります。
カットやカラー、クラリティなどの評価基準が低かったり、傷や汚れがあったりするダイヤモンドがこれにあたるものです。
一般的に訳あり品は価格が低くなると考えられています。
しかしダイヤモンドであれば状態が良好であれば、高値で売却できることも可能な場合もあります。
具体的にはカットが良好なもの、カラーが無色に近いもの、クラリティが高く傷や汚れが少ないものが挙げられます。
カットが良好であれば、光の反射率が高くなり、輝きが向上し、カラーが無色に近いほど希少価値が高くなります。
また傷や汚れがあっても、目立たない程度であれば、価格に影響を与えない場合があります。
なお、価格はダイヤモンドの重量やカラット数なども考慮されます。
訳ありの宝石でも高価買取してもらえるケースもあります。

宝石でダイヤモンドの鑑定書は金銭価値を有してないのでなくても買取してもらえる

ダイヤモンドの購入時に付属している鑑定書は、その製品が持っている価値を証明するものですが、買取にあたっては実は金銭価値は有していないことから、もしも無い場合でも買取をしてもらうことは可能です。
査定を受ける際には国際的な資格を保有していたり、長年にわっていくつもの宝石を見て来た実績のある鑑定士が担当するので、鑑定書が無くてもその宝石が持つ価値を適正に判断することが可能です。
細かな傷や石の奥に見える純度の高さ、カラット数などを的確に査定し、納得の査定額を提示してくれます。
もちろん鑑定書があれば査定を実施する前にある程度の目途が立ち、全体的な時間を短縮できることがあるのは確かですが、さほど気にする必要はありません。
このような事情から鑑定書が無かったとしても査定を受けるのを躊躇する必要はなく、まずは気軽に持ち込んでどれほどの価値があるのか知るのも良い方法です。
宝石の価値は不変的なものであり、鑑定書ひとつに左右されるものではありません。

宝石買取に関する情報サイト
宝石買取のススメ!

宝石を売る前に知っておくべきいくつかのポイントがあり、買取に関する雑学や重要な情報を解説します。評価において基本的な基準は、カラーやカラットが一般的ですが、カットやクラリティもこれらの要素に次いで高いといわれています。信頼性のある研究所によって発行された証明書があると良いのですが、例えばダイヤモンドにも決まった研究機関からの証明書が信頼性が高いです。冷静に取引することで、より良い結果が得られるでしょう。

Search